外車は中古車がお得だって!

初めて車を買うことにしました。外車の新車を買おうと思っているのですが、車に詳しい友人から外車なら中古車で買った方が良いと言われました。国産車はモデルチェンジのサイクルが早いけれど、外車はそれほど頻繁ではないし、中古車でも状態の良い車が安く買えるというのです。

外車
でも中古車でしょう?なんか人が乗っていた車ってどうなのよ。と思いましたが、あんまり友人がすすめてくるので、とりあえず友人と一緒に中古車販売店に見に行ってみました。そうしたら、思っていたのと違って中古車って全然綺麗な車なんです。メンテナンスもちゃんとされていて乗るのも問題ないとか。ま、その辺りは友人任せでしたが。

それと、中古車は新車から3~4年はかなり値落ちするんだそうですが、その後はわりと値段が安定するんだそうです。だから、次に売る時もそれなりの値段で売れるんだそうです。そんなこんなで結局中古車を買うことにしました。値段も安く買えたし、綺麗だし。納得のお買い物でした。友人に感謝です。

20年憧れた車を中古車で購入しました。

20年来憧れ続けた車をやっと手に入れることができました!いまではもう売っていない20年ほど前のモデルです。同じメーカーの同じシリーズでも、今のデザインはサイズが大きくなってしまい私が好きなデザインではないのです。

20年前この車を始めて見た時から、いつか絶対自分がこの車に乗るんだ!と心に誓っていた車です。一目惚れでした。それから20年経って、やっと憧れの車に巡り合うことができました。当然中古車です。

この車に巡り合う為に、いろいろ中古車販売店を探しまわりました。やはり欲しい車のモデルが決まっていたので、その車が中古車で出てくるのを待つしかなかったのです。しかも、私と同じように同じモデルの車を探している人も多く、やっと見つかったと思っても売約済みということも何度もありました。

そして、今は中古車を探すのにもネットで検索できることも知りました。そのおかげで、随分探すのが楽になりました。この車が私のところに来たのは運命だと思っています。大切に乗っていきたいと思います。

中古車で移動フラワーショップを開業

大学卒業後、ずっと会社勤めを続けて来ましたが、35歳になったら起業しようと思っていました。このまま会社勤めを続けても先が見えなかったからです。同期の男性社員はとっくに役職がついているのに、女性社員は年齢が上がるごとに肩身が狭くなるばかり。面倒な役割ばかり押し付けられても何の評価もされません。

起業するなら花屋にしようと思いました。実は祖母が昔、花屋さんをやっていたのです。しかし、いざ具体的に起業に向けて動いてみると、やはり店舗を構えるための経費と当面の運転資金にかなりの金額がかかることが分かりました。これはかなりの難関でした。

そんなときに旅先で野菜の移動販売に出会いました。これだと思いました。私は生花やブーケの移動販売を繁華街でやってみようと思いました。早速移動販売の車を探しました。最初は新車で探していましたが、ふとした時に中古車の販売店を覗いたところ、手ごろなトラックが見つかったのです。中古車を販売車にしたら、店舗は借りなくて済みます。

早速中古車のトラックを購入して、色を塗りなおし、可愛いフラワーショップができました。おかげで無理なく花屋を起業することができました。いつか実店舗をもてるように毎日頑張っています。

キャンピングカーを中古車でゲット!

息子と娘をいろいろな所に連れて行って、一緒にいろんな景色を見たくて、キャンピングカーを購入しようと思いました。正直、毎回ホテルに泊まるのはお金がかかるし、何よりもっと自然にふれられるような経験をさせたいと思ったから。

キャンピングカー
このところ、キャンピングカーは需要が伸びているようで、新車が続々と出ています。それこそ至れりつくせりな設備の車もあるのですが、そうなると金額がとても手が届くような範囲ではなくなってしまいます。かといって、家族4人で過ごすとなると、あんまり小さいタイプの車でも辛いし。

そんな時、キャンピングカーの中古車も販売されていることを知りました。実際中古車のキャンピングカーを見てみると、結構前の年式のものでもとっても綺麗な状態でした。そうなのです、キャンピングカーという性質上、毎日乗るわけではないので中古車でも全然使用感がなかったりするのです。これはめっけものでした。

おかげで我が家はキャンピングカーデビューを果たすことができました。子供たちとたくさんの思い出を作って行きたいと思います。

中古車で母とドライブ

免許を取ってから何十年とペーパードライバーだったのに、車を運転しなければならなくなりました。母が自転車との接触事故で脚を骨折してしまったのです。もう想定外の出来事です。幸い、母は命に別状はありませんでしたが、右足の足首辺りを複雑骨折してしまった為、しばらく歩くことはできません。

車椅子に乗せて病院に連れて行くのだけでも大仕事です。やはり通る道が全てバリアフリーになっているわけではないのです。そこで一念発起して、教習所に行きました。ペーパードライバーを卒業です。後は車を用意するだけです。

母を車椅子から座席にすべり移すので、母を車に乗せやすいことを第一に探しました。ところが、思うような車がなかなかありません。やっと見つけたと思うと、予算オーバーです。そんな時に作業療法士の先生が中古車で探してみたらとアドヴァイスしてくれました。

中古車?と最初はあまり良い印象がなかったのですが、いざ中古車で探してみると色々なタイプの車があることに気付きました。おかげで母を乗せるのにちょうど良い車がみつかりました。今では親子二人でドライブするのが楽しみにさえなっています。

初めてのボーナスで息子が買った中古車。

就職した息子が初めてのボーナスで車を買った。学生時代から溜めていたバイト代や、就職してからもらっていたお給料の中から溜めていたお金も合わせて買ったらしい。でも、もう少し待てなかったのかと思う。こんなご時世ではいつ仕事がどうなるかだってわかったものじゃない。なんでちゃんと貯金を取っておかないのだろうか。そんな風に思っていた。車が納車された日、息子が私に言った。「父さん、これからはこの車を一緒に乗ろう。」驚いた。息子は自分が乗るためだけではなく、私と兼用で乗る為に車を買ったというのだ。「親孝行っていうほどではないけどさ、一緒に出掛けたり、父さんも自分の趣味を持ってもらえたりと思ってさ。」悔しいから見られないようにはしたが、うかつにも涙ぐんでしまった。いつの間にか大人になっているのだと思った。照れ隠しに、それでも貯金は大事だと説教をしたら、中古車だから安かったのだと言う。中古車でもちゃんとメンテナンスがされているから安心なのだと言う。私はもうそれ以上言うことが無くなって、ただ車を見ていた。中古車なんていうのがもったいないほど、キラキラした車を見ていた。

定年からの中古車生活

定年を迎えて時間ができたので、久しぶりに車に乗ろうと思いました。これからは長年世話になった家内を連れて車で旅行に行ったり、買い物をしたり、二人でゆっくり過ごしたいと思ったからです家内にも喜んでもらえたら良いなと。

ところが、いざ車を買おうと思ったら、なんだか最近の車のデザインがしっくり来ません。なんだか洒落すぎていて落ち着かないのです。もちろん機能的には新しいものに越したことはないのでしょうが、私達のようにゆっくりした生活を送りたい者にとっては、機能性より落ち着いた空間の方が大切なのです。

いくつかのディーラーを回っても納得できないでいる時に、近所のご主人から「それなら中古車を見てみると良いでしょう」と薦められました。なるほど中古車とは思ってもみませんでした。早速家内を連れて中古車を見に行きました。

そこには決して物凄く古かったり痛んでいるわけではないけれど、もう少しほっとする感じの車がありました。家内と一緒に選んだ中古車は落ち付いて乗りやすい車です。

兄が買った中古車

兄から車を買ったという連絡が来た。実は車を買う為に、こつこつお金を溜めていたのだそうだ。生真面目な兄らしい(笑)せっかくなので、さっそく車に乗せてもらうことにした。

海にドライブに連れていてもらったのだが、きれいな水色の車で、乗り心地も抜群だった。「お兄ちゃん、随分頑張ったねぇ。この車高かったでしょう?」と聞いたら、実は中古車だという。かなりびっくり!!!

水色車
私の中では中古車ってなんかボロッちいイメージだったのだ。でも兄の車はまったくボロッちくない。新車だと信じて疑わなかったくらいだ。なんでも新車では手が届かない車をどうしても欲しいと思って、中古車で探して探して巡り合ったのだそうだ。

中古車といっても年数も走行距離もあまり行っていないのだそうだ。そしてメンテナンスもきちんとされているので問題はないのだと。さすが、兄。賢い買い方をしている。私も中古車に対する印象が変わった。しかし、兄の車に乗ってくれる彼女がいないことはまた別の問題なのである。

中古車は転勤生活の必需品

急に夫の転勤が決まったと聞いた時はびっくりしました。知らないところに行くのは不安で、単身赴任も考えたのだけれど、まだ子供も小さくて小学校の入学前なので思い切って家族全員で引っ越すことにしました。

いざ転勤先に来て見ると、海が近くて、少し行けば山もあって、自然に恵まれた良いところでした。子供たちを連れてきて良かったと思います。ただ一つだけ困ったのは、車が無いと生活できないということでした。買い物一つするにも車が無いと行けません。子供を病院へ連れて行くにも、他に交通手段がないのです。

急遽、車を買うことになりました。とはいえ安い買い物ではありません。そこで中古車の販売店を訪ねてみました。子供を乗せて買い物や病院に行くことが一番の使用目的です。それほど贅沢な車でなくて構いません。でも、中古車だと新車に比べて安いので思ったよりも良いグレードの車を購入することができました。何よりありがたかったのはすぐに納車してもらえたことです。中古車だからこそできたことです。おかげで転勤生活を満喫できています。

ファーストカーを中古車で

免許を取ったので念願の車を買うことにした!最初は当然のように新車を買うつもりだったが、父親に薦められて中古車専門店を覗いてみた。自分のバイト代で足りない所は父がスポンサーなので言うことを聞かない訳にもいかない。

とはいえ、本当は中古車には全く期待はしていなかった。っていうか、そもそも何でわざわざ中古車を買わなきゃいけないんだと思っていた。ところが、実際に中古車を見てみたら当たり前だが値段が違うことに驚いた。結構安く買えるではないか。しかも中古車といってもキレイだ。

予算では軽自動車しか買えないと思っていたのだが、中古車だとミニバンにも手が届く。そして、中古車販売店の良いところは色々なメーカーのいろんな車がいっぺんに見れることだ。割と最近の車から、もう販売していない車まである。結局、当初の予算で中古のミニバンを購入することにした。父はメンテナンスさえきちんとしてあれば中古車でも何の問題もない。むしろ気軽にぶつけられるだろう?と笑っていた。