兄が買った中古車

兄から車を買ったという連絡が来た。実は車を買う為に、こつこつお金を溜めていたのだそうだ。生真面目な兄らしい(笑)せっかくなので、さっそく車に乗せてもらうことにした。

海にドライブに連れていてもらったのだが、きれいな水色の車で、乗り心地も抜群だった。「お兄ちゃん、随分頑張ったねぇ。この車高かったでしょう?」と聞いたら、実は中古車だという。かなりびっくり!!!

水色車
私の中では中古車ってなんかボロッちいイメージだったのだ。でも兄の車はまったくボロッちくない。新車だと信じて疑わなかったくらいだ。なんでも新車では手が届かない車をどうしても欲しいと思って、中古車で探して探して巡り合ったのだそうだ。

中古車といっても年数も走行距離もあまり行っていないのだそうだ。そしてメンテナンスもきちんとされているので問題はないのだと。さすが、兄。賢い買い方をしている。私も中古車に対する印象が変わった。しかし、兄の車に乗ってくれる彼女がいないことはまた別の問題なのである。

中古車は転勤生活の必需品

急に夫の転勤が決まったと聞いた時はびっくりしました。知らないところに行くのは不安で、単身赴任も考えたのだけれど、まだ子供も小さくて小学校の入学前なので思い切って家族全員で引っ越すことにしました。

いざ転勤先に来て見ると、海が近くて、少し行けば山もあって、自然に恵まれた良いところでした。子供たちを連れてきて良かったと思います。ただ一つだけ困ったのは、車が無いと生活できないということでした。買い物一つするにも車が無いと行けません。子供を病院へ連れて行くにも、他に交通手段がないのです。

急遽、車を買うことになりました。とはいえ安い買い物ではありません。そこで中古車の販売店を訪ねてみました。子供を乗せて買い物や病院に行くことが一番の使用目的です。それほど贅沢な車でなくて構いません。でも、中古車だと新車に比べて安いので思ったよりも良いグレードの車を購入することができました。何よりありがたかったのはすぐに納車してもらえたことです。中古車だからこそできたことです。おかげで転勤生活を満喫できています。

ファーストカーを中古車で

免許を取ったので念願の車を買うことにした!最初は当然のように新車を買うつもりだったが、父親に薦められて中古車専門店を覗いてみた。自分のバイト代で足りない所は父がスポンサーなので言うことを聞かない訳にもいかない。

とはいえ、本当は中古車には全く期待はしていなかった。っていうか、そもそも何でわざわざ中古車を買わなきゃいけないんだと思っていた。ところが、実際に中古車を見てみたら当たり前だが値段が違うことに驚いた。結構安く買えるではないか。しかも中古車といってもキレイだ。

予算では軽自動車しか買えないと思っていたのだが、中古車だとミニバンにも手が届く。そして、中古車販売店の良いところは色々なメーカーのいろんな車がいっぺんに見れることだ。割と最近の車から、もう販売していない車まである。結局、当初の予算で中古のミニバンを購入することにした。父はメンテナンスさえきちんとしてあれば中古車でも何の問題もない。むしろ気軽にぶつけられるだろう?と笑っていた。

中古車を買うときに行ってほしいこと

ここでは、これから中古車を買うという方のために
私が中古車を買うときに行っていることを紹介しながら
説明していこうと思います。

中古車を買うときに考えてほしいことは、
車を買うときにもお金を使いますが、
車を使い続けるためにもお金を使うということです。

そして、同じ車種、同じ年式でも
車を前に使っていた人がどれだけ手入れをしているかにより
車の状態が変わり、買った後の維持費にも影響するのです。

そこで私は、中古車販売店を数軒まわって、
買いたい車を絞った後、
まずは候補の車のエンジン部分を必ず見ます。

エンジンの中をのぞいて、
その中が汚れていれば
オイルの交換、オイルエレメントの交換をしていないことを示しています。

いくら車の値段が安くてもこのような車だと、
結局整備にお金をかけてしまうことになるでしょう。

また、この車を買いたいと思ったら、
必ず最終チェックとして試乗します。

ここで、ハンドルの操作のしやすさや、
車のバランスがとれているか(車がまっすぐ走っているか)をチェックするのです。