鳥山明の旧画法

鳥山明といえば、代表作のドラゴンボールを描いた有名な漫画家ですが
その画法は今と昔で大分変わってきている。

とくに塗りについての変化は著しく
鳥山明自身、同じ手法で書いていても飽きてしまうとのこと。

そのなかでも特殊な画法が
水性サインペンを水に溶いて着色する方法である。

この手法はドクタースランプあられちゃんやドラゴンボールの初期で見られる。
私も幼い頃まねしてこの手法で描いた記憶があるが
発色の強いサインペンで味わいある色彩を表現できるのは
さすが、鳥山明といえる。

みなさんも是非真似してみてください。